移転価格や相続問題を解決する税理士|任せて得られる節税利益

裁判

重い追徴税を避けられる

裁判

移転価格税は、税務局からの調査によって課税をされる税制です。多国間で会社を経営している企業などが対象となっており、税率の違う国家で製品の取引を行なう際の利益差によって、不公平な取引とならないように行なわれるものです。しかしながら、税務局の調査は必ずしも正しいものとはならず、場合によっては他国市場で売られている製品価格から利益を算出するため、自社の利益よりもさらに重い課税をいいわたされることもあるのです。移転価格の問題であれば、専門的に対処を行なう弁護士事務所に相談するとよいでしょう。税務局からの調査に迅速に対応し、二重課税など企業にとって大きな負担となる問題を解消してくれるのです。

税務局からの調査というものは突然行なわれるものなので、会社を経営している人であれば個人で対処をすることは難しいものです。移転価格税は、調査の価格によっては数千万円や数億もの費用を課税するよういいわたされることもあるものです。ある日突然調査を行なった旨をいわれ、追徴税について一方的に支払うようにいわれるので、対処を行なうのは難しいものでしょう。移転価格の対処を専門に行なう弁護士事務所であれば、事前に移転価格税の計算を文書化し、証拠として残しておけます。調査結果にその場で異議を申し立て、税務局立ち会いのもと再調査を行なうことを提案するなど、素早い対応を行なってくれるのです。すでに税務局からの調査が入ってしまった会社でも、専門の弁護士事務所は対応してくれるので、移転価格に悩む会社はまず相談してみましょう。