移転価格や相続問題を解決する税理士|任せて得られる節税利益

裁判

相続の問題

男性

結婚前でも結婚後でも、問題となるお金の事が遺産相続です。これは相続順位が決められており、基本的にそれにしたがって相続するものなのですが、家族が調停をおこしてきたりする事も少なくありませんので注意が必要です。1番は遺言書がある事なのですが、遺言書にも様々なルールがあり、これが守られていなければ無効になります。必ず手書き、署名捺印、日付が入っている事等、1つでも抜けていれば、たとえそれが本当に遺言書であったとしても無効、法的な効力は無しになります。自分の遺産を相続させる時にだって関係しますし、今兄弟や面倒な親族が多いのであれば、相続問題に発展する前にちゃんと対処して全員が生きているうちに遺産相続の事について話し合っておく必要があるかもしれません。そのあたりの事も弁護士へ依頼すれば、しっかり平等になるように片付けてくれますし、のちのち面倒な事にならないように公正文書にして残す事もできます。そもそも、遺産相続は相続に関係する全員が揃っていなければいけないと言う決まりもありますし、相続人と連絡がとれない場合にはそれに対してしっかり裁判所等へ対処しにいかなければいけません。中々に面倒な制度ですから、口約束やなんとなくで片付ければのちのち揉める事になるかもしれません。注意しましょう。これは関係無い事ではありません、誰にでもいつかは関係してくる事なのです。今から準備しても損する事はありませんから、しっかり準備しておきましょうね。